生き方・人生設計

恋愛は大抵うまくいかないし、疲れるし苦しい。ただ好きに理由はない

投稿日:

 

 

 

恋愛において悩むことは、人間生まれたからには一度はあるでしょう。

今回この記事を書こうと思ったのは、自分ではなく友人の女友達(以後、A子)が、恋愛において辛そうだったからです。

で、今から書く内容は、果たして恋愛が苦しいと感じている人の救いになるかどうかは分かりません。

一事例として、こういう感じで恋愛は辛いよな、的な同調目的で書いています。

現状において、恋愛がうまくいかないと悩んでいる方、疲れていて苦しい方。

その方達が少しでも共感してくれ、明日を生きる支えとなってくれたら幸いです。

 

セフレから抜け出せない

単刀直入に言ってしまうと、A子は好きな人とセフレ関係になってしまったのです。

A子自身は、その相手の男性のことが好きで付き合いたいのに、向こうに濁されている的な感じでしょうか。

別に彼自身も、A子のことをただのセフレとは認識しておらず、A子のことを好いている感じはあります。

ただこれはA子伝いきに聞いている話なので、それが全て真実かどうかは分かりません。

それでも自分が思うのは、ただのセフレに仕事終わり迎えに行ったり、A子が病気でしんどい時、薬を買って家まで送り届けるかなということです。

本当に体の関係だけを求める相手なら、多少相手に気遣えど、そこまで気を遣わない筈ですから。

更に半同棲みたいな感じで、結構な頻度お互いの家を行き来していましたからね。

ただそれでも彼の方は付き合う気はなく、のらりくらりとA子の想いを交わし続けます。

本当に自分は男ですが、相手の男性の気持ちが全く分からなく、戸惑っていました。

何故、お互いが好き同士的な感じに見えるのに、二人は付き合わないのかな、と。

そんな泣きそうな顔のA子を見て、自分は不思議で仕方がありませんでした。

 

 

遊び人だから?

遊び人で、他にたくさん女の子がいるので、特定の女の子とは付き合わない。

そう自分は結論づけましたが、それでも納得がいきません。

やはり彼は、A子に好き好きしていましたから。

確かにナンパ師と呼ばれる遊び人が、女の子を落とす時に、色を使うということがあります。

この色を使うというのは、貴方のことが好きだからセックスさせてください、というような感じです。

そしてセックスをして、そのまま好き好き状態ながらも、男側は気持ちが完全に冷め切っている状態です。

つまりセックスをする為の手段として、好き好きアピールをして、関係を持とうという感じですね。

はっきり言って屑ですし、人として最低な行為でしょう。

ただ現にそういう人がいるので、A子もそんな男にひっかったのかと思いました。

それでも彼女から聞く彼の姿は、やはりA子が好きな感じが伝わってくのです。

彼女目線なので、一種のバイアスがかかっており、冷静に見れていないということもあるでしょう。

しかしながら聞く限り、自分がセフレ相手にしないようなことまでもしているので、頭の中には疑問符しか浮かびませんでした。

 

二人の特徴

A子は優しすぎる子で、自分の意見を前面に出せるタイプの人間ではありません。

人の言いなりというか、自分が嫌なことでも、相手が望むのならしてあげる奉仕タイプの人間です。

自分とA子は友達だからこそ、結構攻めた話をしてきてくれるのですが、相手方にはそこまで深く話していないのだそうです。

だからかな、とは思ったりもするのですが、それでもA子は精一杯相手に想いが伝わるようにアピールをしているらしいのです。

で、向こうの情報はですが、聞いた限りかなりの遊び人らしく、複数の女の影があるということです。

確かにLINEなどのメッセージを見せてもらったりするのですが、やり手だなと感じずにはいられません。

それなら上記で言ったように、完全なる遊びの対象では? との考えも分からなくはありません。

だからと言って、A子を遊びだけの対象かと問われると、そうでもなさそうな気もします。

上記で書いたように尽くしており、言葉だけではなく行動でも示していますからね。

言葉なら簡単に言えるので分かりますが、車で何度も迎えに行ったり、A子が大変な時に側にいてあげたりしています。

その為、A子もそうですが、自分もモヤモヤとした気持ちにしかなりませんでした。

自分は何度も彼と話し合いの場を設けたら? と言っているのですが、あまりA子は乗り気ではありません。

関係が壊れるのを恐れているのか、はたまた遊びだったと言われるのが怖いのか。

そんな彼女を見ていて思うのは、不憫で仕方ないな、ということです。

恋愛は好きになった方が負け、という言葉がありますが、現状の彼女はその言葉にぴったしです。

だからなんだという感じですが、自分は第三者の目線として、恋愛に悩んでいる人は本当に大変だな、と感じずには入られませんでした。

少々自分でもドライな気はしますが、それでもやはり深刻に悩んでいる人を目の前にすると、恋愛ってうまくいかないもんだな、とつくづく思ったのです。

「もうやめといたら」と言ったことがあるのですが、A子は「向こうが遊びでもいい。私は彼が好きだから」と言っていました。

これは真理であり、無情な恋と呼べるでしょう。

それは彼女の本心かもしれませんが、自分には強がっているようにしか見えませんでした。

本当は彼女自身も分かっていることかもしれません。

それでも彼のことが好きなのは、好きに理由がないからに他ならないのでしょう。

で、最近、その事態を更新する出来事がありました。

続きます。

 

浮気相手だった?

最近、A子が私に言ってきました。

「やっぱり、彼は私の浮気相手だったかも」と。

話をよくよく聞くと、彼がLINEのタイムラインで何かを発言したらしいのです。

前提に、彼のアイコンはユニバではしゃいでいる写真でした。

そしてそのいいねの欄に、ある女性がいたらしいのです。

何気なくA子がその女性をクリックすると、なんとヘッダーに、明らかに彼のアイコンと同じ服装をした男性が写っていたのです。

顔は写ってはいませんが、二人で並んでいる写真でした。

A子はショックながらも彼に、「どうして、いいねを押してきた女性のLINEのヘッダーが、〇〇(その彼)と一緒に写ってるやつなの?」と聞きました。

すると彼から返ってきたのは、「元カノだよ」ということだったのです。

これにはA子もそうですし、自分も頭がこんがらがって仕方がありませんでした。

えっ、元カノで別れたにも関わらず、彼の方は百歩譲ってユニバの単独の写真だから分かるにしても、元カノの方は一緒に写っている写真にするのかな、と。

しかも別れているのに写真変えないの? と。

で、そのやり取りの内容を見せてもらいましたが、明らかに彼がのらりくらりと交わしている感じでした。

つまり彼にとってA子は浮気相手だったのです。

ただ彼にとっては、彼女さんも好きだしA子も同じくらい好き、というとこなのでしょう。

その現実を知った今、やはり恋愛とは、薄情でうまくいかないことばかりだと認識させられました。

自分の話ではありませんが、それでも苦しくなったのです。

恐らく彼女にとっては、計り知れないほどのショックさで、気分が滅入っていることでしょう。

現にここ一週間は泣き続けているらしいですからね。

この問題に答えはありませんが、それでも男側がクソだといのは確実です。

恋人がいるにも関わらず、女性に手を出して心まで奪ってしまいますからね。

まだ恋人がいて遊びで手を出したのなら、最低は最低ですが気分はまだマシです。

そうではなく、彼の方は好き好きと言っており、恋人があたかもいない風を装い、A子の心と体を奪ったのは罪のなにものでもありません。

まぁだからと言って、彼を断罪できることは出来ませんし、A子に対して何かが出来る訳でもありません。

分かっているのは、自分自身が強くならないということですね。

はっきり言って、恋愛とは傷つき苦しく辛いものが大半でしょう。

まぁ人生と同じようなものですかね、うまくいかないことばかりで、投げ出したくもなります。

それでも死ぬ訳にはいかないので、明日への道を歩いていかないといけません。

そう考えると、人生ってなんだろう、と思いましたね。

救いのない記事で申し訳ありませんが、A子の悲しさを代弁したく書きました。

時間が解決してくれる。それが真実ですからね、そう思ってA子は今後も頑張って欲しいと思います。

 

-生き方・人生設計

Copyright© 藍名樹のブログ , 2019 All Rights Reserved.