生活

寝室・作業部屋に小型冷蔵庫は便利。しかも価格は安いのでオススメ

更新日:

 

 

今回、書くのは小型冷蔵庫についてです。

最近、小型冷蔵庫が欲しいなと思い購入をしたのですが、これが見事に買ってよかった商品になったので、記事にしました。

一応家に冷蔵庫が付いている人でも、寝室にすぐに開ける小型冷蔵庫があった方が便利です。

私は買って大満足しております。ちなみに私が買ったのは、ヤマダ電機のオリジナルの小型冷蔵庫です。

それを選んだ理由は、また後述します。

買ってまだ5日ぐらいしか経っていませんが、今まで買おうかどうか悩んでいた自分がアホらしくなりました。

それくらい便利ですし、何より時間が短縮できます。時間短縮については後述するので、読み進めてください。

今回は小型冷蔵庫を買って良かった点、すなわちメリットを書いていきます。

対するデメリットについても書きますが、個人的にはデメリットは感じなかったので、その反論になりますが。

 

ちなみに小型冷蔵庫を買った方がいい人の特徴を、簡単に列挙します。

●大型の冷蔵庫は家にあるが、いちいち取りに行くのが面倒な方

●自室に冷たい飲み物を置きたい方(カップ・グラスなどに入れて置くと、温くなってしまう為)

●安かったら欲しいなと思っている方

では書いていきますが、買ってはいけない人は、「この冷蔵庫一本でいこうと考えている方」です。

理由は、そこまでの機能は備わっておらず、小型冷蔵庫の大半は冷凍庫がついていませんから。

続きます。

 

メリット

取りに行く時間の節約

まず前提に、自分は家の中で作業をしています。

その為、こまめに水分補給をとるのですが、その時にいちいち大型冷蔵庫の所まで行くのは、骨が折れるのです。

1日に1回とかならまだ分かりますが、個人的な感覚で言うと、1時間に何度かは飲み物を口に運んでいます。

その度に大型冷蔵庫に行くのは大変なのです。その為、私はコップに飲み物を入れ始めました。

これは皆さんも考えることでしょう。ただ夏はいくらエアコンが効いているとはいえ、飲み物を長時間置いていたら、飲み物は温くなります。冬も然りです。

更に私は、執筆最中に嗜む程度にしか飲んでいません。

それは多少なりとも気分転換的な要素を含んでいるので、そこまでガブガブと飲む必要はないからです。

そう考えた時、コップに飲み物いれていると、6時間経っても中身が空になっていない時があるのです。

勿論、中身は温くなっていますし、衛生的にも悪いのです。

続いて水筒に飲み物を入れました。こちらの方は、6時間経っても冷たいままなので重宝してたのですが、いかせん洗うのが面倒臭い。

いや、これを言ったら身も蓋もないのは分かるのですが、水筒を洗うのはちと手間がかかるのです。

そう考えた時、小型冷蔵庫を買おうと思いついたのです。

小型冷蔵庫に二リットルの水を入れて、それを飲み終われば捨てる。なんて効率的なことでしょうか。

まぁ結局は、水を入れるためのコップは洗っているんですけどね。

ですがこれは、まとめて洗えるので面倒ではありません。

水筒も同じようなものですが、個人的に、水筒は滅茶苦茶綺麗にしないといけないという概念があるので、一緒に洗いにくいのです。

どちらにせよ、小型冷蔵庫は時短には便利なので、是非検討してほしいと思います

 

安い

小型冷蔵庫はとにかく安いのです。

この冷蔵庫を買うまで私は、冷蔵庫は高価なものとばかり思っていました。

軽く10万とか。ですが調べてみたら、一部の高級品は除いて10万円以下で買えるのです。

ただそうはいっても4・5万だったら高いですよね。

ただこの小型冷蔵庫は、一万円くらいで買えてしまうのです。

ちなみに私の買ったのは、ヤマダ電機のオリジナル製品で、セールで買った為、9千円ちょっとでした!!

これは破格すぎて答えになってませんが、他の製品を見ても、一万円そこそこでありました。

一部の有名メーカーのやつは、二万円に達しているものもありましたが、それは稀です。

で、自分もヤマダ電機オリジナルメーカーと、名もしれない商品で不安だったのですが、店員さんに聞いたら安心する言葉を貰えました。

「小型冷蔵庫に性能の差はほとんどない」のだそうです。

つまりどれを買っても、冷やす能力は同じらしいのです。

自分の小型冷蔵の使い方は、本当に飲み物を置くだけなので、冷やす能力だけが必須です。

ちなみにですが、一人暮らしでこの小型冷蔵庫を買おうとしている方は、きちんとした一人暮らし用の冷蔵庫も売っているので、そちらのが良いでしょう。

私が買った小型冷蔵庫に限らず、他の小型冷蔵庫も、冷凍の機能は弱いからです。

一応氷は作れるみたいですが、アイスを入れると溶けてしまう可能性があるみたいです。

その為、他の冷蔵庫があって、尚且つ自分の部屋に置く用の冷蔵庫という感じで、捉えて頂いたらいいかと思います。

 

デメリット

ここまでは自分が買ってよかったという点について書きました。他の人も参考になる点はあったのではないでしょうか。

その次は、一般的に言われているデメリットについて書いていきたいと思います。

ただ個人的にはこのデメリットには当てはまってないので、反論する文章になってしまいますが。

 

電気代が高くなる

はい、確かにその通りです。

この冷蔵庫は、サブ用の冷蔵庫に他ならないので、無駄に電気代がかかると言っても過言ではないでしょう。

ただですよ、その人がどれくらいの温度で使うかによって変わってきますが、家電量販店の店員さんに聞いたら、高くても月額1000円以内に収まるそうです。

1000円ですよ。個人的にはさほど気にならない値段でした。

自分はタイムイズマネーだと思っているので、わざわざ遠くの冷蔵庫を開けるであったり、水筒にドリンクを入れる時間をトータルすると、勿体無いなと感じたのです。

だからこの小型冷蔵庫を買ったのですが、見事に正解でした。本当に素晴らしいです。

 

音がうるさい

確かに無音ではありません。多少なりともモーターを使っているので、音はなります。

ただ、そこまで雑音かと言われると、首を傾げるところがあります。

個人的な体感で言えば、あー鳴ってるな、という程度です。

耳をすませると聞こえる程の音ではなく、ちゃんと耳に入ってきます。

それでも家庭用の大型冷蔵庫に比べると、幾許か静かではあります。

その為、一度自宅の冷蔵庫のモーター音を聞いてから、小型冷蔵庫を買った方がいいでしょう。

私はガサツなので、さほど気になりませんが、自分の部屋では静かに暮らしたいという方は、やはり音はするので気をつけた方がいいでしょう。

 

終わりに

正直ここまで書いてきましたが、一人暮らしの方がわざわざ大型冷蔵庫があるのに、この小型冷蔵庫は要らないと思います。

恐らく一人暮らしの方は、ワンルームの方が大半だと思うので、すぐ側に冷蔵庫があるでしょうから。

私の場合は、少し大型冷蔵庫から距離があるので、その時間を惜しんで購入しました。

ただこれがもし、3万円とかだったら買ってはいなかったでしょう。

値段の安さに釣られて買ったので、他の人も悩んでいるのなら買ってもいいと思います。

さほど後悔するような品物ではありませんから。

 

 

-生活

Copyright© 藍名樹のブログ , 2019 All Rights Reserved.