テクニック・戦略

ゲーム実況の広告単価が高くて儲かる理由。視聴時間の長さと広告範囲

投稿日:

 

 

今、空前のYouTubeブームで、日本では億チューバーと呼ばれるYouTuberが沢山います。

それは日本だけではなく、海外でも人気YouTuberは溢れています。

その中でもトップを走るYouTuberは、ゲーム実況者が多いです。

現在、世界一のチャンネル登録者数を誇る人も、ゲーム実況者ですからね。

【PewDiePie】

更に日本で活動しているゲーム実況者が、自分たちのゲーム分野の広告単価が高いと言っています。

その為、トップを走るヒカキンや、その他有名YouTuberもゲーム実況をしているのです。

そんな感じで、ゲーム実況を見ている人も多い為、ゲーム実況はYouTubeの看板と言っても過言ではありません。

今回は、そのゲーム実況の広告単価が高い理由と、人気な理由を紐解いていきたいと思います。

 

ゲーム実況が人気な理由

友達のゲームを見ている感覚になるから

あなたも昔、友達の家でゲームをしたことはありませんか?

頭の良い人や進学校に通っている人は、学校が終わっても塾や勉強をしており、友達とゲームをした記憶がないかもしれません。

ですが自分の周りは、ごく一般的な家庭の子供が多かったので、小学生の頃は学校が終わると、一目散に家に帰って友達の家に行っていました。

そこで今また発売されている、「大乱闘スマッシュブラザーズ」等のゲームをしていたのです。

ですがゲームのコントローラーは4つしかないこともあり、6人で遊んでいたら、必ず2人は見学することになります。

が、その友達がゲームをしているのを見るのも、何となく楽しかったんですよね。

自分はゲームが下手だったので、寧ろ自分でゲームをするより、友達が戦っている姿を見る方が楽しかったかもしれません。

これは自分だけではなく、友達も同じ意見を持っている人が多かったので、ゲーム実況を見る人が多いのも頷けます。

ゲーム実況者が友達という役割で、それを傍観して楽しんでいるという訳ですね。

ただ純粋に楽しんでいるだけではなく、その裏には色んな背景もあると思います。続きます。

 

 

出来ないことをしている

これは単純に上手い人の動画を見て、それを楽しんでいるという構図ですね。

自分も以前、「荒野行動」のゲーム実況を見ていたことがあるのですが、プレイしている人は尋常ではない上手さだったのです。

これは自分では真似できないので、割り切ってプレイを見て楽しんでいます。いわゆる娯楽ということでしょうか。

FPSと呼ばれるゲームはその典型で、如実にゲームの上手さに比例して、ゲームの楽しさ度合いは変わってきます。

そりゃそうですよね。人を殺戮するゲームなのに、全く殺戮できず逆に殺されてばかりだと、楽しい筈がありませんからね。

そういった意味で、ゲーマーの人たちの神業キルを見て、あたかも自分がやっているかの爽快感を味わえるので、ゲーム実況は人気なのです。

続きます。

 

勉強している

これは上記とは逆ですね。見るのを楽しむのではなく、自分が主体的にゲームをしたいと考えている人です。

その人は、上記のようなゲーム実況を見て楽しむのではなく、自分に技術を取り入れようと見ています

どちらかというとこちらの方が多いかもしれません。

また「荒野行動」を例えに出して申し訳ないですが、「荒野行動」の実況動画も、もちろん娯楽用の動画もありますが、上達講座的な動画も多数あるのです。

実況者のような上手くなるには、こういうやり方をしたらいいよ、的な感じですね。

文章でまとめてあるゲーム攻略サイトもありますが、ゲームというのは映像です。

その攻略を文章で書かれていても、よほど文章読解に長けた人でなければ、ちんぷんかんぷんになります

その為、そういったゲーム攻略も動画の方が分かりやすく理解しやすいので、ゲーム実況が伸びているのでしょう。

この話と本筋は違いますが、「ブログがオワコン」とブロガーのイケダハヤトさんが言っていますが、上記を踏まえると事実としか思えません。

勿論、一長一短で文章の方が理解しやすいジャンルもあります。

が、大半の人は文字を読むより動画を見た方が理解しやすいので、文字が衰退するというよりも、動画がこれからもっと伸びることでしょう。

そういった点で、今ブログを頑張っている人は、動画を制作した方が良いと言えます。

まぁ自分にも言えることですが(笑)。

続いては、なぜゲーム実況の広告単価が高いかについて書いていきます。

 

 

広告単価が高い理由

長時間見てくれるから

Googleは具体的な収益を公開するのをよしとしていない為、誰も1再生何円かというのは明確には分かりません。

ただ相場は0.10.2と言われています。

が、ゲーム実況の人はこれより単価が高いのです。

YouTubeには広告単価が高い動画があり、1つは「食べ物系」、でもう1つが「ゲーム実況」になります。

これはラファエルというYouTuberが言っており、自分でも見た動画を探しましたが、見当たらなかったので載せれません。ごめんなさい。

ですがその事実を裏付けるのが、大概の大物YouTuberは食べ物系はさて置き、ゲームチャンネルを持っているということです。

更にその更新頻度も高いので、ゲーム実況は収益的には申し分ないのでしょう。

では何故、ゲーム実況の収益が良いかというと、上記でも書きましたが、再生時間が長いからです。

例えばロールプレイングのゲームだと、短縮することは困難です。

飛ばしてしまったら、どんな内容か分からないからです。

勿論、中には編集して見せたい所だけ見せる方もいますが、ゲーム実況者で有名な「兄者弟者」は、全編カットせずに見せてくれます。

そりゃ何回も死んだ時は、死んだ所まで早送りにしたりしますが、基本的には飛ばしません。

その結果、1本の動画の長さが45分とかになってしまうのです。

そうなると視聴者も飛ばし飛ばしは見るかもしれませんが、基本的には45分の動画を見ることになります。

YouTubeは動画の再生時間が長ければ長いほど、広告料が入ってくる為、このゲーム実況の広告単価が跳ね上がる訳です。

だからゲーム実況は広告単価が高く、YouTubeで稼げるジャンルと言えるでしょう。

もう1つ理由があるので、それは次に書きます。

 

広告の選定がしやすい

ゲーム実況を見ている方は、ゲームに興味がある方です。

その為、広告のターゲットが明確に分かるので、ピンポイントに広告が打てる訳です。

一般的なYouTuberの動画は、ジャンルは決まっているものの、動画の内容的にはバラバラです。

その結果、広告のターゲットが分散してしまい、広告単価が下がるのです。

そりゃ見ている人が、大まかに女性か男性のどちらが多く、年齢がどれくらいか分かっても、ピンポイントに広告を打つのは難しいです。

女性が多かったら脱毛だとか、男性が多ければ投資などかもしれません。

が、みんながみんな広告に誘導できる訳がありません。

勿論、ゲーム実況でも全員を広告に誘導できる訳ではありませんが、それでもバラバラよりかは集客し易いのです。

これは一例に過ぎませんが、大凡この理由でゲーム実況の広告単価が高くなっています。

まぁだからと言って、今からゲーム実況をしようと考えている人がいたら、それは中々難しい選択と言えるでしょう。

ただゲームをしていても今は誰も見てくれませんからね。

何故なら大半の人気のゲームは有名実況者がしていますし、逆に人気のないゲームだと、そもそも人は来ませんからね。

自分も実況ではないですが、このサイト

藍名樹の映画と本のブログ

今はクラウドソージングなどで、仕事を得て生活をしている21歳の男ですが、まだ大学4回です

で映画の解説をしていますが、その大半がB級映画です。

その為、まず検索されなくアクセスが増えないという事態なので、ゲーム実況も同じような感じがします。

まぁめちゃくちゃゲームが上手かったり、話術があったり、編集が一風変わってたりしたら、伸びる可能性はありますが。

なんか上から目線の誰が言ってるねん状態で申し訳ありませんが、これが現実というものでしょう。

それでも挑戦というか、やらないよりかはやった方がいいので、やってみてもいいと思います。

話が逸れましね。今回の話とは関係がないので、この辺にしておきます。

で、結論を言うと、ゲーム実況の広告単価が高い理由は、長時間視聴されるのと、広告のターゲットがしやすいからです。

終わります。

 

-テクニック・戦略

Copyright© 藍名樹のブログ , 2019 All Rights Reserved.