テクニック・戦略

ブログ書き続けても勝手にアクセス数アップすることはない。戦略大事

投稿日:

 

 

押し付けてはいけない

貴方は何記事くらいブログを書いていますか?

自分の話で言うと、全部で200記事くらい書いてきました。ただ最近になって気づいたことがあります。

それは自分の好きなことを書いていても、アクセス数は伸びないということです。

以前まで自分は、好きな映画のことを書いていました。

ただ、キーワードプランナーと呼ばれる、アクセス数が大まかに分かるサイトがあります。

そこで全く検索されていな映画のタイトルで記事を書いても、今思えば当然でしたが、一向にアクセスが増えなかったのです。

それがどれだけ良い記事だったとしてもです。

まず検索されていないので、アクセス数が伸びる筈がないのですからね。

言い換えると、田舎の全く人がいない所に店を構える感じでしょうか。

もしその場所が大都会なら、人目につきやすく商売もしやすいですが、田舎だとまず認知すらしてもらえないのです。

だからこの記事を読んだ人は、取り敢えず自分の好きなことだけを書くのはよした方がいいです。

そこに一定の需要と供給のバランスがなければ、書いていても意味がありませんから。

よく言われる日記風の記事では、芸能人でない限りアクセスは見込めません。

誰も貴方のことを知らないのに、今日食べたものの話を書かれても、興味がありませんから。

ではどのようなブログを書けばいいのかというと、一つに相手にメリットがある記事ということです。続きます。

 

メリットがある記事を

上記で書いたような日記風の記事は、誰が読んでも得になりませんし、悩みの解決にもなりません。

ただワンポイント、例えばどこどこの店に行ったとかであれば、レビュー風に店の雰囲気や料理の味などを書くことによって、一気に日記風から脱出できます

もしかしたらこの店にカップルで行こうとしている男性が、店名で探しているかもしれませんから

そんな時に自分の書いたレビュー風な記事があれば、その男性は参考にしやすいでしょう。

こんな雰囲気の店なら、デートで行っても大丈夫だな、という風に。

だからこそブログ記事を書く時は、たった一人でもいいので、読者の悩みを解決するような記事を書きましょう。

そうすることで、だいぶ滞在率は上がりますから。

ただしですよ。先ほども書きましたが、まずアクセス数が見込める記事を書かないと、PV数は伸びることはありません。

そこを勘違いして、問題解決の記事を書き続けても意味はありません。

続きます。

 

 

アクセスアップ法

自分がやっているのはキーワード選定。これが非常に大事になってきます。

例えばタイトルにある「ブログ」「アクセスアップ」という単語は、パワーワードな言葉ではありませんが、多少なりともアクセス数のあるキーワードです。

で、この単語を見つけれたのは、goodkeywordのお陰です。

リンクは貼っておきます。

[blogcard url="https://goodkeyword.net/"]

このサイトで、例えば「アクセス数」打ち込めば、関連した単語を出してくれるのです。

出てきた単語を全てコピーし、キーワードプランナーに貼り付ければ、どれが検索されている言葉なのかが一目瞭然です。

 [blogcard url="https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/tools/keyword-planner/"]

 

使い方が分からない人は

↓↓↓

[blogcard url="https://junichi-manga.com/how-to-use-keyword-planner/"]

を参考にしてください。

 

以前は具体的なアクセス数が分かったのですが、最近では100~1,0001,000~10,000というように、大体の数字しか分かりません。

それでも目安にはなるので重宝しています。他にもアクセス数が見れるサイトはありますが、個人的に英語が読めないので使っていません。

別に具体的でなくとも、自分が書くのは、ニッチで尚且つ多少なりともアクセス数のあるキーワードです。

その為、あまり正確なアクセス数はいりません。大体の数を把握できればいいので。

後、個人的にはキーワードプランナーは以前のバージョンで使う方がいいでしょう。

この◯で囲んでいるところですね。

まぁこれは、自分があまり最新版の使い方が分かっていなく、単純に使いやすいだけなんですけどね。

次に書くのは、アフィリエイト前面の記事は駄目だということです。

 

アフィリエイト前面の記事は良くない

最近、何か悩み事があって検索してみると、結局アフィリエイトの為のサイトかよ、となることが多々あります。

恋愛系の例えで言えば、「出会いがないのなら、このPCMAXがオススメ」という文字がやたらと目に入ります。

はっきり言って、PCMAXはそこまでよくないですよ。

やったことがあるので言えますが、この説明だけで1記事書けそうなので割愛します。

ただ少しだけ簡単に理由を書くと、PCMAXはメッセージに金がかかりますが、マッチングアプリなら月額制ということです。

更にPCMAXは出会い系という色が強いですが、マッチングアプリなら、気軽に友達を作る感じで出会えちゃいます。

つまり若い女性はあまりPCMAXを使っていないのです。業者も多いですしね。

ですがPCMAXをオススメする記事は山のようにあります。

その理由は、やはりアフィリエイト目的でしょう。個人的にはこの感じに違和感しかありませんね。

確かにアフィリエイト目的で記事を書くのは、決して悪いことではありませんし、見方によってはマッチングアプリよりPCMAXが合っている方もいるでしょう。

それでもやたらとPCMAXって言っちゃうのは、どうかと思いますね。

他にも色々なサイトがあり、それこそマッチングアプリの方が今は主流になってきていますから。

その比較をしっかりとした上で、根拠のあるPCMAXなら、全く問題ではないでしょう。

ただ個人的に気になったのは、アフィリエイト単価が高いからという理由だけで、PCMAXを紹介するのは違うのではないかということです。

何度も言うようですが、アフィリエイトを批判したい訳ではありません。

自分もアフィリエイトの記事を書いたりしていますからね。

[blogcard url="https://www.ainaitsuki-freedom.com/hulu/"]

こちらはhuluと呼ばれる映画見放題のサイトですが、こちらの記事はがっつりとアフィリエイトの記事になっています。

ただそれでも個人的には紹介したいので記事を書きました。

まぁエゴと言われたらそれまでですが、この私の言いたい違和感は伝わりますでしょうか。

その商品を紹介したくて、アフィリエイトするなら分かります。

が、全く興味のない商品にも関わらず、アフィリエイト単価が高いから紹介するのなら、ちょっと違うなということです。

アフィリエイトもビジネスなので仕方ない面はあります

が、今のGoogleは、ユーザビリティ第一の記事が検索上位に来るように、改編しつつあります。

つまり本当に真心込めて読者の悩みを解決する記事が、検索上位に上がってくるということです。

だからこそアフィリエイトありきではなく、自分の書きたい記事にアフィリエイトがたまたまあったという方が、検索は伸びてくるでしょう。

ただ、一つ言っておくと、アフィリエイト商材ありきでも、ユーザーの悩みが解決できれば検索上位に上がってきます。

そこを履き違えてはいけませんけどね。

 

-テクニック・戦略

Copyright© 藍名樹のブログ , 2020 All Rights Reserved.